サービス紹介 – 訪問看護

訪問看護とは?

看護師や理学療法士、作業療法士がご自宅を訪問し、ご利用者様の在宅療養を支援させていただくサービスです。

ご利用者様の健康状態や病状、治療の状況、介護の状況、生活環境などを総合的に判断し、一人一人に合った看護やリハビリを行います。ご本人様だけでなくご家族様も含めて、ご不安やご希望についてのアドバイスや生活指導、服薬指導なども行います。

主治医の治療方針やケアプランに沿って、他のサービスと連携しながら看護やリハビリを行いますので、安心して在宅療養が続けられます。介護保険制度のほか、医療保険制度を利用できる方もいます。お申し込みは訪問看護ステーション、主治医、またはケアマネジャーにご相談ください。

 

私たちは、ご利用者様が住み慣れた家で安心して生活を送れるように、
一人ひとりの状態に合わせた看護とリハビリを提供いたします。

サービス内容


ご利用者様の声

a_61833950_1

認知症の母のリハビリをお願いしています

リハビリをお願いしてから、母の症状が少し良くなったように感じています。家族以上に体調に気遣ってくださるので、週2回のサービス利用でも安心して生活できています。
a_61833950_2

「要介護2」から「要支援1」に回復

皆さん、明るくて大変よろしいです。さくらんぼさんのおかげで「要介護2」から今では「要支援1」までに回復しました。今後もさくらんぼさんにお願いします。
a_61833950_4

一番頼りになる存在です

毎日の様子や症状を総合的に見ていただき、さくらんぼの訪問看護師さんが一番頼りになる存在です。リハビリの先生も一緒に考えて悩んでくださり、とてもありがたいです。
a_61833950_7

母の気持ちに寄り添ってくれます

トラブルがあった後でもスムーズに対応していただき、母の気持ちに寄り添ってくれ、とても感謝しております。娘の私の話を聞いてアドバイスもくださるのが嬉しいです。
a_61833950_6

大腿骨を骨折した母の健康寿命が延びました

ここ5年の間に、母が両方の大腿骨を骨折し、車椅子生活を覚悟しましたが、今は壁を伝いながらも、住み慣れた自宅で日常生活を過ごせています。これも週2回の訪問リハビリのおかげですね。
a_61833950_8

さくらんぼさんの対応能力は素晴らしい

皆さん、遅刻もしませんし、時間や内容などに変更がある場合は、必ず事前に連絡くださいます。さくらんぼさんは誰に聞いても素晴らしいと実感できるステーションです。
a_61833950_10

いつも明るく接してくださり、元気を回復

転倒して「介護3」となり、お世話になりました。いつも明るく接してくださり、体力も回復して半年行けなかった医者にも行けるように。以前は少しずつ進行していたMRIも変化が止まり、ほっとしています。
a_61833950_3

夫婦でお世話になっています

約10年、主人がお世話になり、きめ細かく看ていただきました。その後、妻である私も、さくらんぼさんを利用させていただいております。日常の事柄から精神面のサポートまで、大変助けられています。
a_61833950_9

さくらんぼさんのいらっしゃる日が待ち遠しい

私は血管の病気があり、体がすぐ硬くなってしまうので、さくらんぼさんのいらっしゃる日が待ち遠しく感じます。会話の内容を他言されることもないので、色々なことをお話しでき、気晴らしにもなっています。
a_61833950_5

質の高い看護を目標にされています

時間を守られ、何でも話せて親切。さくらんぼさんは職員の個人差が少なく、高いレベルを維持しておられます。これからも長くお付き合いのほど、よろしくお願いします。

サービス事例──たとえば、1時間でできること

訪問看護の場合

a_106672913

家でゆっくり入浴したい

ご利用者様
透析中の男性

看護内容
バイタルサインのチェック
入浴介助
透析室との連携(必要時)
a_121182941

ゆっくり家で過ごし、時々デイサービスにも行きたい

ご利用者様
悪性リンパ腫の女性

看護内容
バイタルサインのチェック
フットケア
軽いストレッチ
爪切りなど

リハビリの場合

a_76787476

2階居室で暮らし続けたい、一人で近所を散歩したい

ご利用者様
右大腿骨頚部骨折の男性

リハビリ内容
ストレッチ
筋力・バランス訓練
階段昇降・杖歩行訓練
自主トレ指導
福祉用具業者と手摺設置の打合せ
a_105997835

体が硬くて着替えられない、動きにくく歩きづらい

ご利用者様
パーキンソン病の男性

リハビリ内容
自主ストレッチ指導
床上動作訓練
自助具を使った更衣訓練
入浴動作訓練
歩行訓練

よくあるご質問

Q. 訪問看護と訪問介護はどう違うの?
A. 訪問介護は、介護士が掃除・洗濯などの家事援助(生活援助)や軽度の方の入浴介助・清拭・おむつの交換などの身体介護をします。一方、訪問看護は、看護師が医師の指導のもと、心身状態の観察をはじめ、その方の病気や状態に合わせた生活ケア全般を行います。
Q. 訪問看護の利用方法は?
A. ①支援や介護が必要となるおそれがある方、介護保険で要支援1・2と認定された方は、各市町村の地域包括支援センターにご相談ください。
要介護認定を受けている場合は、居宅介護支援事業所や担当のケアマネージャーにご相談ください。
ケアマネージャーがお決まりでない方は、当ステーションへお問合わせください。訪問看護開始前に予めご説明させていただきます。
医療保険をご利用の方は、主治医の先生とご相談ください。
保険を利用されない方は、直接お問い合わせください。
Q. 訪問看護を受けるには、家族の同居が必要ですか?
A. ご家族の同居は必要ありません。独居の方も多数利用されています。医師、ケアマネージャー、訪問介護サービスなど、多職種で連携してサポートいたしますので、ご家族が遠方にお住まいの方で、独居に不安が出てきた場合でも、どうぞご安心ください。また、同居のご家族でも、お仕事や買い物などのご都合で外出されても構いません。ご家族不在の場合でも、ご希望に応じて訪問時の記録を残しておきますので、お気軽にご相談ください。
Q. 交通費はかかりますか?
A. 基本的に訪問エリア内の交通費はいただいておりません。ただし、ご利用者様宅敷地内の駐車が不可、かつご利用者様より承諾をいただいた場合、コインパーキングなどの駐車料金を請求させていただく場合があります。
Q. 自宅で点滴や注射ができますか?
A. 医師の指示により、訪問看護で注射や点滴を行うことが可能です。
Q. 訪問看護を受けていますが、夜中に急に具合が悪くなったりしたら、どう対応すればいいですか?
A. 当ステーションとの契約で、予め緊急の対応体制加算にご同意いただいている場合、夜間や早朝等に状態が急変された時は、当ステーションの緊急電話番号にご連絡ください。看護師が電話相談ないし緊急訪問等の必要な対応をいたします。予め主治医や訪問看護ステーション等に緊急時の対応を相談しておくと安心です。
Q. 看護師さんやリハビリ指導って何となく厳しいイメージがあって気構えしてしまいます……
A. 看護師やリハビリ療法士は、社会的には一援助者ですが、さくらんぼのスタッフは、ご利用者様に対し、思いやりや共感、尊重を大事にし、常にご利用者様主体で援助させていただくよう努めております。何よりもご利用者様のためのサービスですので、気になることやお困りなことは何でもお気軽にお尋ねください。
Q. 通院時に付き添っていただけますか?
A. 訪問看護での通院介助はできません。
ケアマネージャーを通して、通院介助ができる事業所をご紹介いたしますので、どうぞご相談ください。
Q. 自宅での看取りを考えていますが、不安です。
A. 訪問看護ステーションさくらんぼでは、24時間連絡のとれるサポートサービスをご契約いただくことが可能です。24時間365日、休祝日や夜間でもご相談いただける体制を整えておりますので、看取りを決断されたご家族へのサポートもタイムリーに行うことができます。

事業所概要


訪問看護ステーションさくらんぼ

事業者番号 1367197262
管理者 山下郁子
TEL 042-359-7388/FAX 042-359-7389
職員体制 看護師/理学療法士/作業療法士/薬剤師
併設 居宅介護支援事業所
所在地 〒185-0003 東京都国分寺市戸倉1-12-49

Google Map
parallax background

ご利用案内


営業時間
平日 8:45─17:30(土曜・日曜・祝日・年末年始休業)
*緊急時は24時間365日対応いたします

TEL
042-359-7388(平日8:45─17:30)

サービス提供エリア
国分寺市/国立市/小平市/府中市/小金井市/立川市
*その他の地域についてもご相談ください